サプリや薬の公式サイト!

サプリや薬の公式サイト!

ビオチンのサプリメントを摂取している人は多いようです。ビタミンBの一種で、皮膚トラブルを改善する成分として使われているのが、ビオチンというものです。ビオチンは水溶性のビタミンであり、ビタミンHと発見されたときは呼ばれていたそうです。あとでビタミンB群の一種であることが発見されました。ビオチンという呼び方が、ビタミンB7という名称よりも一般的だそうです。ビオチンには、炎症を抑制するホルモンの分泌を活発にする効果があります。皮膚のすぐ下にある毛細血管の血流を促進し、皮膚の状態を改善します。ビオチンはその他にも皮膚の保湿や、健康な髪を保つために不可欠なコラーゲンの生成にも関係しているといいます。美容や健康に良いと話題のサプリメントで、アメリカではアレルギー内科やスキンケア内科でどんどんビオチンが使用されています。お肌の炎症を抑えるために使われているビオチンのサプリメントは、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬などの治療にも活用されています。そんなにビオチンが不足することはないので、ビオチンを健康な人がサプリメントで摂ることはまずないといえるでしょう。美容目的やアトピーの解消のためにビオチンのサプリメントを使うという人はいます。

 

ビオチンサプリメントの必要性

ビオチンサプリメントが最近注目されていますが、実際ビオチンの必要性はどのくらいあるのでしょう。エネルギーの代謝が悪くなるなど、体の中でビオチンが不足するさまざまな体の部分に作用するといいます。ビオチンが足りないと、皮膚炎や結膜炎、脱毛、知覚異常などがおこります。体内でビオチンが足りなくなると、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの危険性が高くなることもあるそうです。ビオチンのサプリメントを、病気のリスクが高まるといっても、すぐに使用するべきではないようです。腸内で作られる成分がビオチンですが、必要量が健康な人ならば腸内で生成されているのです。よほど不健康な食生活や生活習慣でない限り、ビオチン不足の心配はありません。ビオチン不足になるのは生活習慣や食習慣に原因がある場合が多いので、サプリメントを使う前にまず自分自身の生活を見直してみるといいでしょう。ビオチン不足は、煙草の吸いすぎやお酒の飲み過ぎが要因の場合もあるそうです。ほかにはビオチンが作られにくくなることがあるのは、抗生物質を摂ったことによっ腸内環境が一時的に変わってしまった場合です。大腸ではビオチンもその中でつくられていますが、日々たくさんの腸内細菌がつくられたり、死んだりしているそうです。ビオチンサプリメントを日常的に使うことは、健康であれば不要ではないでしょうか。皮膚炎や糖尿病の症状改善のためにサプリメントでビオチンを摂取しているという人もいるようです。

ダイエットは運動も大事ですが、食事の内容も大事です。私たちの体は、体内で合成できない栄養素は食事から摂っています。特に五大栄養素であるミネラル・ビタミン・タンパク質・炭水化物・脂質は重要です。これらをバランスよく摂取することが理想の食事であると言えます。しかし、現代の生活ではどうしても脂質とタンパク質を過剰に摂取してしまいます。ビタミンとミネラルが不足しているのです。食事のバランスを変えるのが一番ですが、それは大変なことです。そこで、痩せる方法として、食事を和食中心にしてみてはいかがでしょうか。
 和食はタンパク質・ミネラル・炭水化物のバランスがいいため、ダイエットに適しているのです。また、野菜や四季の物をうまく取り入れるために飽きにくいのです。一方、洋食はというとバターなどの脂質が高い食物を多く使っています。牛肉や豚肉中心の料理が多く、野菜がない場合が多いです。牛肉や豚肉には「飽和脂肪酸」という肥満の原因となる物質が多く含まれています。体内で脂肪になっているのは飽和脂肪酸エネルギーとして使用されないからです。和食では魚が使われていますが、魚に含まれる脂肪酸は「不飽和脂肪酸」で、肥満の原因にはなりません。そのほか血液をサラサラにするDHAや動脈硬化を予防するEPAは青魚に多く含まれています。魚は健康的な食材なのです。
 今日では、食の洋風化が進んでいます。パスタやパンなど手軽さに流されてしまうかもしれませんが、米を食べるようにしてみましょう。健康的な食材を多く使用している和食はダイエットの力になること間違いなしです。